コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天辺 テッペイ

デジタル大辞泉の解説

てっ‐ぺい【辺】

《「てへん(辺)」の音変化》「てっぺん」に同じ。
「―より太腹まで節々込めてから竹わり」〈浄・女護島

てっ‐ぺん【天辺】

《「てへん(天辺)」の音変化》
(「頂辺」とも書く)兜(かぶと)のいただき。転じて、頭のいただき。「頭の天辺
いただき。頂上。「山の天辺
最高。最上。また、その地位。「プレーヤーとして天辺に上りつめる」「幸福の天辺にある」

て‐へん【天辺/頂辺】

兜(かぶと)の鉢のいただき。てっぺん。
いただき。頭。てっぺん。
「此の奴ども―さ打ち被る時」〈滑・浮世風呂・前〉

てん‐ぺん【天辺】

空の高いところ。上空。また、空のはて。「天辺の月」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てっぺい【天辺】

〔「てへん(天辺)」の転〕
てっぺん(天辺) 」に同じ。 「 -より太腹まで節々込てから竹割り/浄瑠璃・平家女護島」

てっぺん【天辺】

〔「てへん(天辺)」の転〕
物のいちばん高い所。 「頭の-から足の先まで」
かぶとの頂。てへん。
最高。最上。 「親御たちへ不孝の-ぢや/滑稽本・浮世床

てんぺん【天辺】

空のはて。また、上空。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天辺の関連キーワード頭の天辺から足の爪先まで同音語のアクセントおもな慣用句平家女護島南蛮具足小野岑守竜頭の兜焼け原滑稽本息出し素天辺堤防天灯葵座

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天辺の関連情報