コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天辺 テッペイ

7件 の用語解説(天辺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てっ‐ぺい【辺】

《「てへん(天辺)」の音変化》「てっぺん」に同じ。
「―より太腹まで節々込めてから竹わり」〈浄・女護島

てっ‐ぺん【天辺】

《「てへん(天辺)」の音変化》
(「頂辺」とも書く)兜(かぶと)のいただき。転じて、頭のいただき。「頭の天辺
いただき。頂上。「山の天辺
最高。最上。また、その地位。「プレーヤーとして天辺に上りつめる」「幸福の天辺にある」

て‐へん【天辺/頂辺】

兜(かぶと)の鉢のいただき。てっぺん。
いただき。頭。てっぺん。
「此の奴ども―さ打ち被る時」〈滑・浮世風呂・前〉

てん‐ぺん【天辺】

空の高いところ。上空。また、空のはて。「天辺の月」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てっぺい【天辺】

〔「てへん(天辺)」の転〕
てっぺん(天辺) 」に同じ。 「 -より太腹まで節々込てから竹割り/浄瑠璃・平家女護島」

てっぺん【天辺】

〔「てへん(天辺)」の転〕
物のいちばん高い所。 「頭の-から足の先まで」
かぶとの頂。てへん。
最高。最上。 「親御たちへ不孝の-ぢや/滑稽本・浮世床

てんぺん【天辺】

空のはて。また,上空。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天辺の関連キーワード葵座紙縒りこっちゃ初天辺素天辺たあちゃ手偏変換え意固地

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天辺の関連情報