コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山座円次郎 やまざ えんじろう

2件 の用語解説(山座円次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山座円次郎 やまざ-えんじろう

1866-1914 明治-大正時代の外交官。
慶応2年10月26日生まれ。明治34年外務省政務局長となり,外相小村寿太郎を補佐して日英同盟,ポーツマス講和会議などにかかわる。特命全権公使として辛亥(しんがい)革命後の対中国外交にあたり,大正3年5月28日北京で死去。49歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山座円次郎

没年:大正3.5.28(1914)
生年:慶応2.10.26(1866.12.2)
明治大正期の外交官。黒田藩(福岡県)足軽山座省吾,ひさの次男。明治25(1892)年帝大法科大卒業,朝鮮釜山領事館勤務。26年書記生となり,以後上海,仁川在勤などを経て28年在英公使館書記官。32年帰国,ソウル勤務を命じられる。34年小村寿太郎外相のもとで政務局長に抜擢され日英同盟(1902)から日露交渉,対露開戦外交にかかわった。各省の若手官僚と湖月会を作り,在野の対露強硬論グループとも交わり元老層の慎重論を強く攻撃した。ポーツマス講和会議(1905)には小村全権に随行,帰国後日本独自の満州(中国東北部)開発論を展開した。41年在英公使館参事官に転出,大正2(1913)年辛亥革命後の対中国外交のため中国特命全権公使に任命された。3年病死。現地および亡命中国人ともよく交流し,アジア主義を唱えた。国内のアジア主義グループ,出身地の玄洋社グループと接触し,中国事情に詳しかった。夫人は神鞭知常の長女賤香。<参考文献>一又正雄編『山座円次郎伝』

(酒田正敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山座円次郎の関連キーワード黒田節黒田藩伊集院彦吉倉知鉄吉黒田長徳堺与三吉日置益平田知夫松村貞雄陸奥広吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone