コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山形青菜(せいさい)

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

山形青菜[葉茎菜類]
やまがたせいさい

東北地方、山形県地域ブランド
1908(明治41)年に奈良県から種子を導入して栽培が始まった。幅広葉肉は厚くてやわらかい。10月下旬から11月にかけて収穫される秋野菜で、主に漬物として加工される。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

山形青菜(せいさい)の関連キーワード山形県山形市東北地方

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android