コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本信次郎 やまもとしんじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本信次郎
やまもとしんじろう

[生]1877.12.22. 神奈川
[没]1942.2.28. 東京
海軍軍人。 17歳でカトリックに入信。 1898年海軍兵学校,1909年海軍大学校卒業。フランス語に堪能で,05年日本海海戦では敵艦降伏に際し,通訳として功を立て,その後在外公館付き武官として活躍。皇太子裕仁の渡欧随行し,宮内省御用掛となる。 36年少将。 37年日中戦争が勃発すると,翌年欧米,ブラジルを訪問し,日本の立場をローマ教皇やカトリック社会に訴えた。日仏協会をはじめとして,国際親善のために尽した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本信次郎 やまもと-しんじろう

1877-1942 明治-昭和時代前期の軍人。
明治10年12月22日生まれ。海軍にはいり,イタリア大使館付武官などをつとめ,大正10年皇太子(昭和天皇)の外遊に随行,のち宮内省御用掛。11年少将。また少年時代に受洗し,昭和13年カトリック民間使節として16ヵ国を歴訪した。昭和17年2月28日死去。66歳。神奈川県出身。海軍大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山本信次郎の関連キーワード明治

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android