山本邦山(2代)(読み)やまもと ほうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本邦山(2代) やまもと-ほうざん

1937-2014 昭和後期-平成時代の尺八奏者。
昭和12年10月6日生まれ。父の初代山本邦山,初代中西蝶山に都山(とざん)流をまなび,昭和33年2代をつぐ。39年横山勝也,2代青木鈴慕(れいぼ)と尺八三本会を結成。ジャズや現代邦楽と共演し,海外の音楽祭へも参加。東京芸大教授。平成14年人間国宝。24年「古典尺八の奏法を基盤に置きながら,その豊かな感性を発揮して,数多くの作品を創作。尺八の魅力を世間に示した功績」で芸術院恩賜賞。平成26年2月10日死去。76歳。滋賀県出身。京都外大卒。本名は泰正。著作に「五線譜による尺八教則本」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android