コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山村政明 やまむら まさあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山村政明 やまむら-まさあき

1945-1970
昭和20年6月在日朝鮮人2世として山口県に生まれる。小学生の時,家族とともに日本国籍を取得。昭和39年広島の東洋工業(現マツダ)にはいるが,同年退社。貧困のなかで早大にまなぶ。日本社会での民族差別に抗議し,45年10月6日「抗議・嘆願書」をのこして焼身自殺した。25歳。筆名は梁政明。遺稿集に「いのち燃えつきるとも」。
【格言など】人間として生きる権利を阻害されている人々が数多くいます。私たちは自己一身の幸福追求のみならず,お互いの人間性を尊重し,すべての人の幸福を追求したいものです(「いのち燃えつきるとも」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山村政明の関連キーワード黒人問題原子爆弾投下鉄鋼業朝鮮映画ドイツ問題日本共産党日本社会党自動車工業少年犯罪東欧映画