山村政明(読み)やまむら まさあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山村政明 やまむら-まさあき

1945-1970
昭和20年6月在日朝鮮人2世として山口県に生まれる。小学生の時,家族とともに日本国籍を取得。昭和39年広島の東洋工業(現マツダ)にはいるが,同年退社。貧困のなかで早大にまなぶ。日本社会での民族差別に抗議し,45年10月6日「抗議・嘆願書」をのこして焼身自殺した。25歳。筆名は梁政明。遺稿集に「いのち燃えつきるとも」。
【格言など】人間として生きる権利を阻害されている人々が数多くいます。私たちは自己一身の幸福追求のみならず,お互いの人間性を尊重し,すべての人の幸福を追求したいものです(「いのち燃えつきるとも」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android