山田鉄蔵(読み)やまだ てつぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田鉄蔵 やまだ-てつぞう

1864-1925 明治-大正時代の内科医,脳神経科医。
元治(げんじ)元年4月14日生まれ。帝国大学卒業後ベルツの助手として母校内科に勤務。ドイツに留学して脳神経病学を専攻し,明治32年東京に山田病院をひらく。36年東京慈恵医院医専教授をかね,41年山田脳病院を開院した。大正14年11月26日死去。62歳。出羽(でわ)置賜郡(山形県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android