山蛭(読み)ヤマビル

大辞林 第三版の解説

やまびる【山蛭】

ヒルの一種。体長約2センチメートル。ナメクジに似て細長いが扁平。前後端に吸盤をもつ。褐色の地に黒い縦条が三本ある。山間の湿地にすみ、人間や獣に付着して吸血する。雌雄同体。本州以南に分布。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山蛭 (ヤマビル)

学名:Haemadipsa zeylanica japonica
動物。ヤマビル科の亜陸生動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やま‐びる【山蛭】

〘名〙 環形動物ヤマビル科の陸生ヒル。本州以南の各地に分布する。体はやや縮んだ状態で、約二センチメートルの徳利形。体色は黄褐色で暗色の縦すじがあり、前後端に一個ずつ吸盤を備える。山地の茂みにすみ、人畜に吸着して血を吸う。《・夏》 〔新札往来(1367)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android