寛政暦(読み)かんせいれき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寛政暦
かんせいれき

従来の宝暦暦に誤りが多いため,寛政9 (1797) 年新たに作られた暦。幕府天文方の高橋至時間重富らにより清の『暦象考成』に基づき,西洋暦法を加味して,まず『暦法新書』を作り,翌 10年から実施され,天保 13 (1842) 年天保暦が制定されるまで使用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんせいれき【寛政暦】

1798年(寛政10)より1843年(天保14)まで施行された暦法。西洋の学術の優れていることを知る徳川吉宗は,当時用いられていた貞享暦を廃し西洋天文学を取り入れた新暦法を夢みていたが果たさず没した。没後の1755年(宝暦5)に採用された宝暦暦は,貞享暦の定数を少し変えただけの暦法で,施行後まもなくから幕府は次の改暦を考えねばならなかった。やがて大坂の麻田一門の名声が高くなると,幕府は95年麻田門下の俊秀高橋至時を天文方に登用し,同門の間(はざま)重富に協力させて改暦に当たらせた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんせいれき【寛政暦】

宝暦暦に代わって1798年(寛政10)より四五年間行われた暦法。高橋至時よしとき・間はざま重富らが改正に従事。月などの軌道を楕円とするなど、清しんの「暦象考成」中の時憲暦を通じて西洋暦法を取り入れたものとして知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寛政暦
かんせいれき

日本の暦法の一つ。江戸時代、1797年(寛政9)に編成されたもので、この暦法によって編まれた暦書もこの名でよぶ。前の宝暦(ほうれき)暦にかえて98年より1842年(天保13)の天保(てんぽう)暦制定まで行われた。幕命により、高橋至時(よしとき)、山路徳風、吉田秀升(ひでのり)、奥村邦俊(くにとし)、間重富(はざましげとみ)らが作業に参画した。内容的には、日月に関しては中国の『暦象考成(れきしょうこうせい)』後編によってケプラーの楕円(だえん)運動説を採用し、麻田剛立(ごうりゅう)の消長法を取り入れた。間接的ではあるが西洋天文学の成果を取り入れた点で画期的な暦法である。しかし土星、木星、火星、金星、水星の5惑星に関しては周転円説であった。[渡辺敏夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かんせい‐れき クヮンセイ‥【寛政暦】

〘名〙 寛政一〇年(一七九八)に改正された暦。それまで用いていた宝暦甲戌暦にかえて幕命により高橋至時(たかはしよしとき)が間(はざま)重富らの助けを得て西洋天文学の漢訳本である「暦象考成後編」を参考にして改暦したもの。以後四五年間続いた。寛政戊午暦(かんせいぼごれき)
※続徳川実紀‐天保一三年(1842)一〇月一二日「寛政暦差錯あるによって、こたび京都にて改暦宣下、暦号定陣議遂げ行はれて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の寛政暦の言及

【高橋至時】より

…翌8年改暦御用をおおせつけられ先任天文方の吉田秀升,山路徳風とともに上京し,1年あまりで新暦法を完成した。この暦法は至時と,至時とともに出府した間重富の2人の学力によってまとめられたもので,同10年より施行され寛政暦と呼ばれた。寛政暦の完成後は日月食の計算法,五星法(惑星の運動論)と里差(経度差)の研究に意を用い,里差については伊能忠敬の全国測量の発足,支援に力をいたした。…

※「寛政暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寛政暦の関連情報