屹屹(読み)キツキツ

デジタル大辞泉の解説

きつ‐きつ【××屹】

[ト・タル][文][形動タリ]山などが高くそびえ立つさま。また、いかめしい感じがするさま。
「編輯(へんしゅう)記者の―として原稿に対する机の前を」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きつきつ【屹屹】

( トタル ) [文] 形動タリ 
山の高くそびえ立つさま。また、様子・態度が厳しいさま。屹然。 「編輯記者の-として原稿に対する机/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きつ‐きつ【屹屹】

〘形動タリ〙
① 山などが高くそびえているさま。転じて、物事のいかめしいさま。
※山吹(1944)〈室生犀星〉三「或る築地の塀にはめづらしい彼岸桜の返り咲きが、屹々(キツキツ)として」 〔蘇舜欽‐瓦亭聯句〕
② 絶えずつとめはたらくさま。吃吃。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「貧なるものは終身屹屹として」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android