屹然(読み)キツゼン

デジタル大辞泉の解説

きつ‐ぜん【×屹然】

[ト・タル][文][形動タリ]
山などが高くそびえ立つさま。「屹然たる高峰」
孤高を保ち周囲に屈しないさま。
「自己の本領―として山岳と高きを争い」〈子規歌よみに与ふる書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きつぜん【屹然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
山などが高くそびえ立つさま。屹屹。 「高台、-として空を凌ぐ/慨世士伝 逍遥
他に影響されることなく、ひとり抜きんでているさま。 「 -動かず、固く自から守る/福翁百話 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きつ‐ぜん【屹然】

〘形動タリ〙
① 山や建物などの高くそびえ立つさま。
※寛斎先生遺稿(1821)三・古銅爵「秋菌春蒲両然、為炉為注総無縁」
一年有半(1901)〈中江兆民〉一「更に前方即ち東方に天神橋屹然として起り」
② まわりの状況に影響されないで、ある状態をしっかり保っているさま。
※日本外史(1827)九「両陣皆喪首領。猶屹然相対」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android