コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡十郎 おか じゅうろう

2件 の用語解説(岡十郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡十郎 おか-じゅうろう

1870-1923 明治-大正時代の実業家。
明治3年6月29日生まれ。家業の酒造業をつぎ,明治30年山口県会議員。32年日本遠洋漁業を設立,ノルウェー式捕鯨法を導入して捕鯨業の近代化をはかる。42年東洋捕鯨(のち日本水産)を設立,社長となった。大正12年1月8日死去。54歳。長門(ながと)(山口県)出身。慶応義塾卒。旧姓は西村。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡十郎

没年:大正12.1.8(1923)
生年:明治3.6.29(1870.7.27)
明治大正期,捕鯨業の近代化に貢献した実業家。捕鯨王とよばれた。山口県阿武郡奈古の西村利衛門の5男。のち同郡福井村の岡吉輔の養嗣子となる。慶応義塾に学び,福沢諭吉の教示を得て水産業の発達に志を抱く。朝鮮近海で操業するロシア太平洋捕鯨会社の活躍に刺激され,わが国で初めてノルウェー式捕鯨技術を導入,明治32(1899)年に山口県大津郡仙崎に日本遠洋漁業株式会社を興した。同社は東洋漁業,東洋捕鯨と社名を変更しながら捕鯨独占資本として発展を遂げ,現在の日本水産株式会社の基礎を築き上げるなど,漁業における資本主義発達の牽引力となった。また,渋沢栄一,浅野総一郎らとメキシコ漁業調査会を組織してその会長となり,南米チリ政府に招聘されて,同国沿岸の漁業調査を行うなど海外漁場開発にも活躍。<参考文献>石田好数『日本漁民史』

(石田好数)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡十郎の関連キーワード山口誓子近代化遺産漁業近代化資金九州・山口の近代化産業遺産群印九州・山口の近代化産業遺産群近藤基樹田丸猪吉原真一牧田環三上金兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone