コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡持ち おかもち

食器・調理器具がわかる辞典の解説

おかもち【岡持ち】

出前や仕出しの際、料理を入れて運ぶ木製の浅い、または箱にふたと持ち手の付いた入れ物

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡持ち
おかもち

食物を戸外へ持ち運ぶのに用いる桶(おけ)の一種。手桶のように桶の2か所の取っ手に横木を渡し、手で持ち歩けるようにしているが、岡持ちは普通、手桶よりも広く浅くつくり、その上に蓋(ふた)をつけたものである。江戸時代、物見遊山などには、塗り物のものが用いられたが、多くのものは白木づくりで、また、形には円形、楕円(だえん)形、角形などがある。一般には、さかな屋、すし屋、うなぎ屋などの出前に使用されてきたが、現在はあまりみられなくなった。[宮本瑞夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岡持ちの関連キーワードうなぎ屋出前一丁出前

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡持ちの関連情報