コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本監輔 おかもと かんすけ

2件 の用語解説(岡本監輔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本監輔 おかもと-かんすけ

1839-1904 幕末-明治時代の探検家,官吏。
天保(てんぽう)10年10月17日生まれ。文久3年以来3度にわたり樺太(からふと)を探検。維新後,箱館裁判所権(ごんの)判事,開拓使判官として樺太開拓につとめるが,政府の消極策のため明治3年辞職。清(しん)(中国)各地を歴遊し,台湾総督府国語学校などで教職についた。明治37年11月9日死去。66歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。通称は文平。号は韋庵。著作に「岡本氏自伝」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡本監輔

没年:明治37.11.9(1904)
生年:天保10(1839)
幕末維新期の北方政策に関与した探検家,官吏。通称は文平,号は韋庵。阿波(徳島県)の医薬家に生まれる。文久3(1863)年から慶応1(1865)年に樺太と蝦夷地を踏査,樺太北部の状況をはじめて明らかにした。明治1(1868)年2月,侍従清水谷公考らを説き,蝦夷地経営の急務を説く建議を朝廷に提出させた。4月,箱館裁判所の内国事務局権判事となり箱館に在勤する。同年閏4月,箱館府権判事となり樺太全島の事務を委任される。移民を連れクシュンコタンに至る。明治2年には開拓判官となるが,政府の樺太政策に不満を持ち辞任。のち,東大予備門御用掛,一高講師,台湾総督府国語学校教授などを歴任。京都で没。<著作>『岡本氏自伝』<参考文献>河野常吉『岡本監輔先生伝』

(麓慎一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡本監輔の関連キーワードシャクルトンスピーク鷹司輔煕ピアリー政策買「黄」の政策NHK大河ドラマ木村謙次宮地正人山中新十郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone