コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本苔蘇 おかもと たいそ

1件 の用語解説(岡本苔蘇の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本苔蘇 おかもと-たいそ

?-1709 江戸時代前期の俳人。
伊賀(三重県)上野城代藤堂長定の家臣。松尾芭蕉(ばしょう)にまなび,伊賀蕉門で重きをなした。「続猿蓑(さるみの)」「有磯海(ありそうみ)」などに作品がはいっている。宝永6年3月3日死去。名は政次。通称は治右衛門。別号に木白,瓢竹庵。著作に「つゞれ日記」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡本苔蘇の関連キーワード徳川家宣徳川綱吉元禄時代東山天皇徳川綱吉東山天皇徳川綱吉東山天皇円明園笈の小文

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone