岡本苔蘇(読み)おかもと たいそ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本苔蘇 おかもと-たいそ

?-1709 江戸時代前期の俳人。
伊賀(三重県)上野城代藤堂長定の家臣。松尾芭蕉(ばしょう)にまなび,伊賀蕉門で重きをなした。「続猿蓑(さるみの)」「有磯海(ありそうみ)」などに作品がはいっている。宝永6年3月3日死去。名は政次。通称は治右衛門。別号木白,瓢竹庵。著作に「つゞれ日記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android