岡本静太郎(読み)おかもと しずたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本静太郎 おかもと-しずたろう

1897-1970 昭和時代の陶芸家。
明治30年10月23日生まれ。酒津焼2代岡本嘉蔵の次男。昭和7-10年岡山県中洲町酒津(倉敷市)をおとずれた柳宗悦(むねよし),浜田庄司,河井寛次郎らの影響をうけ,民芸風の陶器をやいた。13年兄の酒津焼3代岡本賢二の跡をついで4代となった。昭和45年5月23日死去。72歳。岡山県出身。号は陶太,仁静。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android