コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田茂吉 おかだ もきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田茂吉 おかだ-もきち

1882-1955 大正-昭和時代の宗教家。
明治15年12月23日生まれ。大正9年大本(おおもと)教に入信して布教師となる。昭和6年神示をうけ,9年岡田式神霊指圧療法をはじめ,大日本観音会をひらく。22年静岡県熱海で日本観音教団として再建,自然農法をとなえ,25年世界救世教にあらためた。おおくの美術品の収集で知られる。昭和30年2月10日死去。72歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岡田茂吉の言及

【伊豆山[温泉]】より

…相模灘に面したながめのよい閑静な温泉で,多くの文人に愛され,与謝野晶子は《明星》同人とともにここで歌を残し,谷崎潤一郎はここを舞台に戯曲《腕角力》を書いた。温泉街の中央には,源頼朝が北条政子とあったといわれる逢初橋,岡田茂吉の収集した日本,中国などの東洋美術品を公開するため1957年に開設されたMOA美術館などがある。【塩川 亮】。…

【世界救世教】より

…岡田茂吉(1882‐1955)が開いた大本教系の新宗教。岡田は,青年期の肺結核を菜食療法で克服し,民間療法による病気治癒に努めた。…

※「岡田茂吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岡田茂吉の関連キーワード今泉 今右衛門(13代目)今泉今右衛門(14代)宗教法人・神慈秀明会黎明教会資料研修館世界真光文明教団MOA美術館箱根美術館田口 善国松井 康成須玉美術館隠崎隆一昭和時代大角幸枝前田昭博中野孝一稗田一穂岡田玉松秋山陽宗教家天国

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android