岡田茉莉子(読み)おかだ まりこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田茉莉子 おかだ-まりこ

1933- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和8年1月11日生まれ。岡田時彦の長女。吉田喜重(よししげ)の妻。谷崎潤一郎に芸名をもらい,昭和26年東宝の「舞姫」で映画デビュー。32年松竹にうつる。33年の「悪女の季節」あたりから大人の女を演じ,「女の坂」「女舞」「秋津温泉」など,メロドラマのヒロインから喜劇までをこなす。舞台出演もおおい。東京出身。新潟県立沼垂高卒。本名は鞠子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岡田茉莉子の言及

【岡田時彦】より

…新興キネマに入社して,入江たか子とコンビを組み,溝口健二の戦前の傑作《滝の白糸》(1933)など数本に出演するが,34年結核のため死去する。女優岡田茉莉子は娘である。【宇山 幸一】。…

※「岡田茉莉子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡田茉莉子の関連情報