岡田藩(読み)おかだはん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡田藩
おかだはん

江戸時代、備中(びっちゅう)国(岡山県)下道(しもみち)郡岡田に陣屋を置いた外様(とざま)、小藩。藩祖伊東長実(ながざね)はもと織田(おだ)、豊臣(とよとみ)氏に仕え、慶長(けいちょう)・元和(げんな)の役(大坂の陣)では大坂城に籠城(ろうじょう)したが、かつて、石田三成(みつなり)の陰謀を内報した勲功により赦(ゆる)され、備中国下道郡10か村(高7500石余)、美濃(みの)国(岐阜県)池田郡2か村、摂津国(大阪府)豊島(てしま)郡1か村、河内(かわち)国(大阪府)高安(たかやす)郡2か村で高合計1万3000石余を与えられた。以来10代にわたって在封して明治維新に至る。1717年(享保2)5代藩主長救(ながひら)のとき、備中領新庄(しんじょう)、本庄村の入会(いりあい)地の収公、夫役(ぶやく)の賦課をめぐって、新本(しんぽん)義民騒動が起こった。1871年(明治4)廃藩、岡田・深津・小田県を経て岡山県に編入。[人見彰彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岡田藩の言及

【備中国】より

…その後,久世重之,松平信通が入封したがいずれも間もなく移封し,99年(元禄12)板倉重高が2万石で入封し,以後譜代11代170年在封した。 1615年に立藩した岡田藩は,下道郡岡田(吉備郡真備町)に居所をもつ1万石の外様極小藩で,初代藩主は伊東長実で以後10代256年在封した。17年山崎家治が3万石を領して川上郡成羽(なりわ)に陣屋をもって立藩した成羽藩は外様小藩。…

※「岡田藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android