コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡部伊都子 おかべいつこ

百科事典マイペディアの解説

岡部伊都子【おかべいつこ】

随筆家。大阪府大阪市生まれ。1954年《おむすび随筆》で認められる。繊細な筆致美術や伝統芸術や自然とふれる自身の生活感を描く一方,反戦,沖縄問題,在日韓国・朝鮮人問題,環境問題についても積極的な執筆活動を続けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡部伊都子 おかべ-いつこ

1923-2008 昭和後期-平成時代の随筆家。
大正12年3月6日生まれ。昭和31年「おむすびの味」でみとめられ,日常生活のなかの伝統美をこまやかな感性でとらえた作品で人気をえた。「二十七度線―沖縄に照らされて」など,戦争や差別にするどい視線をむけた著作もある。平成20年4月29日死去。85歳。大阪出身。相愛高女中退。著作に「賀茂川のほとりで」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡部伊都子の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡部伊都子の関連情報