岡部嶺男(読み)おかべ みねお

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「岡部嶺男」の解説

岡部嶺男 おかべ-みねお

1919-1990 昭和時代後期の陶芸家。
大正8年10月3日生まれ。加藤唐九郎長男日展,日本工芸会に所属,昭和38年ごろから無所属。嶺男青磁とよばれる独自な作品を生みだす。日展北斗賞,日本工芸会奨励賞,プラハ国際陶芸展グランプリなどを受賞。35年「永仁事件で,壺は自作と告白して話題となる。平成2年9月4日死去。70歳。愛知県出身。愛知県窯業学校(現瀬戸窯業高)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android