コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩城準太郎 いわき じゅんたろう

2件 の用語解説(岩城準太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩城準太郎 いわき-じゅんたろう

1878-1957 明治-昭和時代の国文学者。
明治11年3月12日生まれ。四高教授をへて,大正4年奈良女高師教授。「明治文学史」(明治39年刊)をあらわし,明治文学をはじめて体系的にとらえた。昭和32年4月9日死去。79歳。富山県出身。東京帝大卒。著作はほかに「明治大正の国文学」「新修日本文学史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩城準太郎
いわきじゅんたろう
(1878―1957)

国文学者。富山県生まれ。東京帝国大学国文学科卒業。中学教師、旧制四高教授を経て奈良女高師教授。1906年(明治39)上梓(じょうし)の『明治文学史』は明治史展開のうえにジャンルの発展をたどり、作家、作品を位置づけ、近代文学史構想の祖型となった。大正期の『明治大正の国文学』(1925)は二葉亭四迷(ふたばていしめい)、北村透谷(とうこく)以下「開拓者の悲劇」を系列化し、昭和期の論集『国文学の諸相』(1928)、『国文学群像』(1941)、通史『新修日本文学史』(1938)は研究史上の道標となった。[中村 完]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩城準太郎の関連キーワード金子元臣麻生磯次松井簡治金子彦二郎釘本久春杉浦正一郎豊沢広助(7代)松田武夫松村博司湯地孝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone