コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩城西坨 いわき せいだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩城西坨 いわき-せいだ

1795-1836 江戸時代後期の商人。
寛政7年生まれ。岩城泰蔵の孫。父岩城楽斎の跡をつぎ,能登(のと)(石川県)七尾で廻船問屋をいとなむ。頼(らい)山陽に師事。田能村竹田(たのむら-ちくでん),篠崎小竹(しょうちく),浦上春琴らとまじわった。天保(てんぽう)7年9月1日死去。42歳。名は粛。字(あざな)は恭侯。通称は清五郎。屋号は塩屋。別号に禊川漁人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岩城西坨の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)フランス史(年表)ビュヒナー(Karl Georg Büchner)エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府カメハメハ1世ゲーテ総裁政府

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android