コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩城西坨 いわき せいだ

1件 の用語解説(岩城西坨の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩城西坨 いわき-せいだ

1795-1836 江戸時代後期の商人。
寛政7年生まれ。岩城泰蔵の孫。父岩城楽斎の跡をつぎ,能登(のと)(石川県)七尾で廻船問屋をいとなむ。頼(らい)山陽に師事。田能村竹田(たのむら-ちくでん),篠崎小竹(しょうちく),浦上春琴らとまじわった。天保(てんぽう)7年9月1日死去。42歳。名は粛。字(あざな)は恭侯。通称は清五郎。屋号は塩屋。別号に禊川漁人。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岩城西坨の関連キーワード五箇所商人江戸棚淡路屋太郎兵衛伊藤一清佐野宏西川屋茂平春川栄山耳依天具知矢島実秋和琢舎綾丸

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone