コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩城西坨 いわき せいだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩城西坨 いわき-せいだ

1795-1836 江戸時代後期の商人。
寛政7年生まれ。岩城泰蔵の孫。父岩城楽斎の跡をつぎ,能登(のと)(石川県)七尾で廻船問屋をいとなむ。頼(らい)山陽に師事。田能村竹田(たのむら-ちくでん),篠崎小竹(しょうちく),浦上春琴らとまじわった。天保(てんぽう)7年9月1日死去。42歳。名は粛。字(あざな)は恭侯。通称は清五郎。屋号は塩屋。別号に禊川漁人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岩城西坨の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)国民公会フランス史(年表)ビュヒナー(Karl Georg Büchner)エッジワーススタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府カメハメハ1世ゲーテ総裁政府

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android