コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩本義行 イワモトヨシユキ

デジタル大辞泉の解説

いわもと‐よしゆき〔いはもと‐〕【岩本義行】

[1912~2008]プロ野球選手・監督。広島の生まれ。明大卒業後、実業団を経て昭和15年(1940)南海福岡ソフトバンク前身)に入団し、強打者として活躍。神主(かんぬし)打法と呼ばれる独特のフォーム本塁打を量産した。引退後は南海・東映近鉄の監督。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩本義行 いわもと-よしゆき

1912-2008 昭和時代のプロ野球選手,監督。
明治45年3月11日生まれ。広陵中学で甲子園3回出場,明大で東京六大学リーグ首位打者。昭和15年南海に入団,強打外野手として活躍。松竹時代の26年1試合4本塁打を記録。独特の打撃フォームは神主打法とよばれた。実働10年,通算859安打,2割7分5厘,123本塁打。東映,近鉄の監督をつとめた。56年野球殿堂入り。平成20年9月26日死去。96歳。広島県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岩本義行の関連キーワード昭和時代山田哲人別当薫

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩本義行の関連情報