コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩橋邦枝 いわはし くにえ

1件 の用語解説(岩橋邦枝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩橋邦枝 いわはし-くにえ

1934-2014 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和9年10月10日生まれ。お茶の水女子大在学中「つちくれ」「逆光線」で注目される。結婚後休筆。昭和51年活動を再開し,57年夫婦の愛憎に焦点をあてた短編集「浅い眠り」で平林たい子文学賞,61年「伴侶」で芸術選奨新人賞,平成4年「浮橋」で女流文学賞。6年「評伝―長谷川時雨」で新田次郎文学賞。「評伝 野上彌生子―迷路を抜けて森へ」で24年紫式部文学賞,25年蓮如賞。平成26年6月11日死去。79歳。広島県出身。本名は根本邦枝。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岩橋邦枝の関連キーワード赤江瀑宇能鴻一郎重兼芳子三田誠広吉田知子石和鷹稲見一良大島昌宏広瀬仁紀森万紀子

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩橋邦枝の関連情報