岩橋邦枝(読み)いわはし くにえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩橋邦枝 いわはし-くにえ

1934-2014 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和9年10月10日生まれ。お茶の水女子大在学中「つちくれ」「逆光線」で注目される。結婚後休筆。昭和51年活動を再開し,57年夫婦の愛憎に焦点をあてた短編集「浅い眠り」で平林たい子文学賞,61年「伴侶」で芸術選奨新人賞,平成4年「浮橋」で女流文学賞。6年「評伝―長谷川時雨」で新田次郎文学賞。「評伝 野上彌生子―迷路を抜けて森へ」で24年紫式部文学賞,25年蓮如賞。平成26年6月11日死去。79歳。広島県出身。本名は根本邦枝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩橋邦枝の関連情報