岩泉(町)(読み)いわいずみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩泉(町)
いわいずみ

岩手県北東部、下閉伊郡(しもへいぐん)にある町。1923年(大正12)町制施行。1956年(昭和31)大川(おおかわ)、安家(あっか)、小本(おもと)、有芸(うげい)の4村、1957年小川村と合併し、北海道を除くと全国で最大面積の町となった。JR岩泉線の終点であった(2014年廃線)。三陸鉄道北リアス線、国道45号、340号、455号が通じる。西部の北上高地から流れる小本川流域にあり、東部は太平洋に臨む。町域の大部分は山林原野で占められ、藩政時代から牛馬小作や名子(なご)制度が行われてきた。昭和初期に明治乳業の工場が立地し、酪農が盛んになったが、工場は1977年に閉鎖した。2011年(平成23)の東日本大震災では死者10人、住家全壊177棟・半壊23棟の被害を受けている(消防庁災害対策本部「平成23年東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)について(第157報)」平成30年3月7日)。国指定天然記念物の龍泉洞(りゅうせんどう)、安家洞などの鍾乳洞(しょうにゅうどう)、三陸復興国立公園(旧、陸中海岸国立公園)に含まれる熊の鼻海岸、県立自然公園の早坂高原など自然景観に恵まれている。面積992.36平方キロメートル(一部境界未定)、人口9841(2015)。[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岩泉(町)の関連情報