コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸中海岸国立公園 りくちゅうかいがんこくりつこうえん

6件 の用語解説(陸中海岸国立公園の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

りくちゅうかいがんこくりつこうえん【陸中海岸国立公園】

岩手県北部から宮城県北部の気仙沼湾に至る海岸部を占める国立公園。北半は隆起海岸、南半はリアス式海岸の景観で知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りくちゅうかいがん‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【陸中海岸国立公園】

岩手県北部から宮城県気仙沼付近にかけての太平洋岸を占める国立公園。平成25年(2013)に青森県の種差海岸階上岳県立自然公園を編入し、三陸復興国立公園となる。→三陸復興国立公園

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

陸中海岸国立公園【りくちゅうかいがんこくりつこうえん】

三陸復興国立公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕陸中海岸国立公園(りくちゅうかいがんこくりつこうえん)


岩手県久慈(くじ)市から宮城県気仙沼(けせんぬま)市に至る約180kmに及ぶ海岸の国立公園。陸域面積1万2198ha、海中公園3ヵ所計23.4ha。1955年(昭和30)指定。1964年釜石(かまいし)市以南、1971年に久慈地区を追加指定。宮古市北部以北は隆起海岸、以南はリアス式沈降海岸で、断崖(だんがい)・岩礁・島々などの変化に富んだ海岸景観が特徴。海洋性の鳥類が豊富で、オオミズナギドリヒメクロウミツバメ・クロコシジロウミツバメなどの繁殖地が点在する。キリンソウ・ネズなどの海崖植物群落植物分布の北限・南限地域として知られる。2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸中海岸国立公園
りくちゅうかいがんこくりつこうえん

三陸復興国立公園」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸中海岸国立公園
りくちゅうかいがんこくりつこうえん

東北地方の太平洋岸に設定されていた国立公園。1955年(昭和30)の指定。面積122.12平方キロメートル。北は岩手県久慈(くじ)市から南は宮城県気仙沼(けせんぬま)市まで延長約180キロメートル。地形的には宮古(みやこ)市を境として北は隆起性の段丘海岸、南は沈降性のリアス式海岸で、最南部の気仙海岸以南は沈降性海岸であるが、その後の隆起運動による段丘の発達がみられるなど変化に富む。地質的には、北上(きたかみ)高地の骨幹をなす秩父中・古生層と、これに貫入する各種の火成岩、中生代白亜紀の形成にかかる白亜紀層、一部は古生層の石灰岩層などからなる。
 景観の特徴としては段丘崖(がい)と岩礁風景、リアス式海岸、アカマツを主とする沿岸自然林があげられる。田野畑(たのはた)村北山崎の一帯は200メートルに達する海食崖や、洞門、巨岩があり、「海のアルプス」とも称される公園屈指の景観を展開する。宮古市田老(たろう)和野(わの)、宮古市浄土ヶ浜、山田町船越大島などには中生代末の白亜紀層の砂岩・礫(れき)岩の互層が露出し独特の景観をみせる。また遠浅の砂浜が続く陸前高田市の高田松原、巨釜(おおがま)・半造(はんぞう)などの奇勝のある唐桑(からくわ)半島などの景勝地が連続する。陸前高田市椿島(つばきじま)のウミネコ、宮古市日出島(ひでじま)のクロコシジロウミツバメ、釜石(かまいし)市三貫島(さんがんじま)のオオミズナギドリ、ヒメクロウミツバメのそれぞれ繁殖地は国指定天然記念物。植物はアカマツの自然林のほか、南部にはヤブツバキ、モミ、タブノキなどの暖帯系植物がみられ、山田町の大島は太平洋岸のタブノキの北限地。北山崎にはシロバナシャクナゲの自生地がある。寒暖両流に洗われる海岸は好漁場で、磯(いそ)漁、養殖漁業のほか、流入河川のサケ漁も盛ん。公園計画による施設は宮古国民休暇村などがあり、おもな交通機関として、海岸沿いを走る三陸鉄道、JR山田線、国道45号があり、海から海岸を探勝する遊覧船もある。2013年(平成25)5月、東日本大震災被災地である三陸地域の復興に貢献するために、青森県の種差海岸階上岳(たねさしかいがんはしかみだけ)県立自然公園(およびその周辺の一部地域)を編入して、三陸復興国立公園として再編成された。[金野一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陸中海岸国立公園の関連キーワード宮城県気仙沼市後九条宮城県気仙沼市角地宮城県気仙沼市九条宮城県気仙沼市久保宮城県気仙沼市魚町宮城県気仙沼市台宮城県気仙沼市浜宮城県気仙沼市港宮城県気仙沼市本町宮城県気仙沼市横沼

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

陸中海岸国立公園の関連情報