コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早坂高原 はやさかこうげん

3件 の用語解説(早坂高原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早坂高原
はやさかこうげん

岩手県中部,北上高地の代表的高原で,隆起準平原をなす。盛岡市岩泉町の境界にある早坂峠 (916m) を中心に,北に上明神岳,南に大森山を控えたゆるやかな起伏に富んだ大草原。シラカバの林,レンゲツツジの群落,ウシの放牧など牧歌的高原風景が展開。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はやさか‐こうげん〔‐カウゲン〕【早坂高原】

岩手県北部にある起伏のゆるやかな高原。早坂峠(標高約900メートル)を中心とした一帯。シラカバシナノキが点在する。レンゲツツジの群落も見られる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早坂高原
はやさかこうげん

岩手県北部、盛岡(もりおか)市と下閉伊(しもへい)郡岩泉(いわいずみ)町との境にある早坂峠(916メートル)を中心とする高原。南北8キロメートル、東西1.5キロメートル。南に大森山(1005メートル)、北に上明神(かみみょうじん)山(1118メートル)を控え、緩やかな起伏をなしているが、東側、西側はV字状の谷をつくる。シナノキの巨木、シラカバ、カラマツ林に彩られ、一部にレンゲツツジの大群落がある。外山(そとやま)早坂高原県立自然公園の一郭。盛岡駅からバス便がある。[金野一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早坂高原の関連キーワード北上高地閉伊川馬淵川岩手県北上市飯豊川井〈村〉岩手県岩手郡葛巻町岩手県九戸郡九戸村岩手県北上市立花岩手県胆沢郡金ケ崎町永栄北上高梨外山高原

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早坂高原の関連情報