コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龍泉洞 りゅうせんどう

3件 の用語解説(龍泉洞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

龍泉洞
りゅうせんどう

岩手県北東部,小本川中流部にある鍾乳洞。岩泉町に属する。 1937年命名,翌年「岩泉湧窟およびコウモリ」として天然記念物に指定された。龍河洞 (高知県) ,秋芳洞 (山口県) とともに日本三大鍾乳洞の1つとして有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕龍泉洞(りゅうせんどう)


岩手県北東部、岩泉(いわいずみ)町の宇霊羅(うれいら)山にある鍾乳洞(しょうにゅうどう)。推定総延長5000mの洞内には無数の鍾乳石・石筍(せきじゅん)や滝などがあり、地底湖の水は透明度41.5m。レストハウス・観光会館・ホテル・駐車場などの施設が整う。清水(しず)川対岸の竜泉新洞は科学館を兼ねる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

龍泉洞
りゅうせんどう

岩手県北東部、下閉伊(しもへい)郡岩泉(いわいずみ)町の宇霊羅(うれいら)山東麓(とうろく)にある鍾乳洞(しょうにゅうどう)。「岩泉湧窟及びコウモリ」として国指定天然記念物。洞内の奥行約2500メートル。内部には大小無数の鍾乳石、石筍(せきじゅん)があり、洞内を流れる清流は透明度41.5メートルで全国一といわれる。川、滝、淵(ふち)をつくり、神秘的な景観を呈している。1967年(昭和42)近くに龍泉新洞が発見され、洞内に考古、地質、生物などの資料を展示した自然洞穴科学館が設けられた。[金野一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

龍泉洞の関連キーワード岩泉いわいずみふれあいらんど岩泉岩泉線岩泉[町]青森県八戸市岩泉町岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉岩手県下閉伊郡岩泉町岩手県北上市幸町岩手県下閉伊郡田野畑村浜岩泉

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

龍泉洞の関連情報