コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クキ

デジタル大辞泉の解説

くき【×岫】

山の洞穴。
「骨(かばね)、巌(いはほ)の―に積みたり」〈欽明紀〉
山の峰。
「玉釧(たまくしろ)まき寝し妹(いも)を月も経ず置きてや越えむこの山の―」〈・三一四八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くき【岫】

山のほら穴。 「其の鳥は須弥山しゆみせんの片-に巣を咋ひて/今昔 3
山の峰。 〔新撰字鏡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

岫の関連キーワード雲無心にして岫を出ず松原 二十三階堂岫岩クレーター普応大満国師虎尾孫兵衛前田 慧雲新撰字鏡新加制式楚石梵琦自山得吾大巓梵千東陵永璵素木しづ孤峰覚明7月3日別源円旨無雲義天黙庵霊淵快川紹喜篠原長房

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岫の関連情報