コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸和田だんじり祭 きしわだだんじりまつり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岸和田だんじり祭
きしわだだんじりまつり

大阪府岸和田市岸和田地区にある岸城神社(きしきじんじゃ)と岸和田天神宮の例祭。毎年 9月の敬老の日(第3月曜日)直前の土曜日と日曜日に行なわれる。地区各町が威勢よく引き回す「だんじり」で知られ,その名がある。元禄16(1703)年に,岸和田藩藩主岡部長泰(おかべながやす)が京都の伏見稲荷を城内三の丸に勧請し,五穀豊穣を祈る祭りを始めたのが起源と伝えられ,寛延3(1750)年に岸城神社への「だんじり」の宮入り記録がある。岸城神社と岸和田天神宮の祭りが同日に行なわれるようになったのは明治初期のことで,両神社の氏子である各町内から選ばれる年番を中心に運営される。各町では,氏子たちが年齢段階によって割り当てられた役割に従って「だんじり」を運行するが,祭りの花形は両手にうちわを持って屋根の上に乗る大工方で,その指示によって,勢いよく角を曲がるやり回しなどがなされる。初日は岸和田駅前を通るパレードが行なわれ,2日目に岸城神社,岸和田天神宮で,中心行事である氏子町の「だんじり」の宮入りが行なわれる。ただし,春木南の「だんじり」だけは,同日にだんじり祭りを行なっている春木地区の弥栄神社に宮入りする。宮入りの順番はくじ引きで決めるが,岸城神社の宮本町,上町,五軒屋町と岸和田天神宮の沼町,筋海町は,常にこの順で先陣を切って宮入りすることが決まりとなっている。岸和田市内では 10月にもほかの地区で同様のだんじり祭りが行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

岸和田だんじり祭

岸和田市の南海本線岸和田駅、春木駅周辺で開かれる。だんじりが豪快に角を曲がる「やりまわし」が祭りの見どころ。今年の祭りは9月は13、14日の2日間で、14日の本宮は午前9時~午後10時。大坂冬の陣の戦記物語などの彫刻があるだんじり34台が岸城神社、岸和田天神宮、弥栄神社に分かれて宮入り。午後7時からはだんじりにちょうちんをともして街中を曳き回す「灯入れ曳行(えいこう)」がある。

(2014-09-13 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

岸和田だんじり祭の関連キーワード大阪府岸和田市大阪府

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岸和田だんじり祭の関連情報