岸和田藩(読み)きしわだはん

日本大百科全書(ニッポニカ)「岸和田藩」の解説

岸和田藩
きしわだはん

江戸時代、和泉(いずみ)国(大阪府)の中央部を領有した。1585年(天正13)以来小出(こいで)氏(3万石)の所領であったが、1619年(元和5)吉英(よしひさ)が但馬出石(たじまいずし)に移り、かわって松平松井)康重(やすしげ)(5万石)が入封、2割の増高を上申して許され6万石となった。康重のあと康映(やすてる)が襲封したが、1640年(寛永17)播磨(はりま)山崎へ転出。摂津高槻(たかつき)から岡部宣勝(のぶかつ)(6万石)が入封した。1661年(寛文1)2代行隆(ゆきたか)襲封のとき、弟の高成(たかなり)、豊明(とよあき)にそれぞれ5000石、2000石を分与し、5万3000石となる。以後、長泰(ながやす)、長敬(ながたか)、長著(ながあきら)、長住(ながすみ)、長修(ながなお)、長備(ながとも)、長慎(ながちか)、長和(ながより)、長発(ながゆき)、長寛(ながひろ)、長職(ながもと)と13代続いて在封、明治維新を迎えた。この間、松平氏のときの増高が貢租負担の過重となり、不満を抱いた領内108か村の農民らは、岡部宣勝入国のとき城下に押し寄せ、新藩主に強訴(ごうそ)を企てた。宣勝は3000石を減額して一揆(いっき)を未然に防いだ。岸和田藩の税率は、全国的にもその類例をみないほどの高率で、慶長(けいちょう)検地の本高に対して8~9割が普通であり、10割を超過する村々も少なくない。しかし農法の改良・進歩による生産の向上と、大坂に近く商品作物の栽培が盛んであったため、実収は検地帳の高をはるかに上回っていた。藩財政は、軍備や天災復旧が重なり、廃藩まで窮乏を続けた。1852年(嘉永5)に教学所を改修して講習館と名づけ、領民の就学を許し、66年(慶応2)藩校修武館を開設。明治になり、岸和田県から堺(さかい)県を経て大阪府に入る。

[藤本 篤]

『『新編物語藩史 第8巻』(1977・新人物往来社)』『『貝塚市史』全3巻(1955~58・貝塚市)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藩名・旧国名がわかる事典「岸和田藩」の解説

きしわだはん【岸和田藩】

江戸時代和泉(いずみ)国南(みなみ)郡岸和田(大阪府岸和田市)に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち譜代(ふだい)藩。藩校は講習館、修武館。1585年(天正(てんしょう)13)に豊臣秀吉(とよとみひでよし)の部将小出秀政(こいでひでまさ)が岸和田城主に封ぜられたことに始まり、小出氏3代、松平(松井)2代と続いたあと、1640年(寛永(かんえい)17)に摂津(せっつ)国高槻(たかつき)藩から岡部宣勝(のぶかつ)が6万石で入封(にゅうほう)、以後明治維新まで岡部氏が13代続いた。石高は、2代行隆(ゆきたか)襲封のとき、弟2人への分与があり、5万3000石となった。宣勝が入封した際、松平氏のときに高直しされて貢租が重くなった領民の強訴(ごうそ)を受けたが、3000石を領民に分配することで解決、また宣勝は岸和田城の改修や寺社建立・復興を精力的に行い、名君と称されている。3代長泰(ながやす)のときには現在の「岸和田だんじり祭」の起源とされる稲荷祭が始まった。1871年(明治4)の廃藩置県で岸和田県となり、その後、堺(さかい)県を経て81年大阪府に編入された。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「岸和田藩」の解説

岸和田藩
きしわだはん

江戸時代,和泉国 (大阪府) 南郡岸和田地方を領有した藩。元和5 (1619) 年,松平 (松井) 氏が小出氏転封のあとへ5万石で入封し,2代在封したが,寛永 17 (40) 年岡部宣勝が摂津高槻 (大阪府) より6万石で入封,以来,13代にわたり在封。この間,寛文1 (61) 年岡部高成に 5000石,同豊明に 2000石を分与して廃藩置県にいたる。岡部氏は譜代,江戸城帝鑑間詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラス「岸和田藩」の解説

岸和田藩

和泉国、岸和田(現:大阪府岸和田市)周辺を領有した藩。天正年間より小出氏の領地。元和年間に小出氏が但馬国に国替えとなり、松平(松井)氏が5万石で入封した。寛永年間に摂津国から岡部氏が入封し、以後幕末まで岡部氏が藩主をつとめた。勇壮なやり回しで知られる岸和田だんじり祭りの起源は3代長泰のときとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

百科事典マイペディア「岸和田藩」の解説

岸和田藩【きしわだはん】

和泉(いずみ)国岸和田に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩主は小出氏・松平(松井)氏,1640年からは岡部氏が在封。和泉国南部で領知高3万石〜6万石。
→関連項目出石藩和泉国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「岸和田藩」の解説

きしわだはん【岸和田藩】

和泉国(大阪府)岸和田の城に拠った藩。松平(松井)氏以後は譜代。1583年(天正11)豊臣秀吉の部将中村一氏が岸和田城主になったのに始まる。一氏が85年に近江国水口に移封され,代わって小出秀政が4000石で封ぜられたが,しだいに加増され95年(文禄4)には3万石となり,その子吉政,孫吉英(よしひさ)と続いた。1619年(元和5)に丹波篠山から松平(松井)康重が5万石をもって封ぜられたが,31年(寛永8)1万石増の軍役を上申して許され6万石を領有した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の岸和田藩の言及

【和泉国】より

…大庭寺藩は98年武蔵野本1万3500石の渡辺基綱が和泉大鳥郡に移ったもので,1727年(享保12)には居所を伯太に移して伯太藩となった。岸和田藩同様1871年まで渡辺氏が在封した。幕末1868年における和泉国内所領は,幕府直轄領3万4302石,御三卿領3万2841石,在地大名領(岸和田藩,伯太藩)6万4865石,大名飛地領2万7285石,旗本領7594石,宮堂上家領104石,社寺領1137石,合わせて16万8128石であった。…

※「岸和田藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android