島国根性(読み)シマグニコンジョウ

  • しまぐにこんじょう ‥コンジャウ
  • しまぐにこんじょう〔コンジヤウ〕
  • とうこくこんじょう タウコクコンジャウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 周囲を海に囲まれた島国に住んでいるため、視野がせまく閉鎖的でこせこせした性質、見解。
※東京の三十年(1917)〈田山花袋〉丸善の二階「三千年来の島国根性」
〘名〙 (「とうごくこんじょう」とも) =しまぐにこんじょう(島国根性)
※家庭のしるべ(1905)「従来の島国根性(タウコクコンジャウ)を脱するの必要を自覚し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島国根性の関連情報