コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒正人 あらまさひと

7件 の用語解説(荒正人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒正人
あらまさひと

[生]1913.1.1. 福島,鹿島
[没]1979.6.9. 東京
文芸評論家。山口高等学校を経て 1938年東京大学英文科卒業。中学教師のかたわら,評論,翻訳にたずさわった。第2次世界大戦後いちはやく『近代文学』の創刊に参加,政治に対する文学の自律と個我の確立を主張,戦後派の台頭を促した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あら‐まさひと【荒正人】

[1913~1979]文芸評論家。福島の生まれ。雑誌「近代文学」創刊に参加。政治と文学論で中野重治と論争するなど、攻撃的な評論活動を続けた。夏目漱石の研究でも知られる。著「第二の青春」「市民文学論」「漱石研究年表」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

荒正人【あらまさひと】

評論家。福島県生れ。東大英文科卒。鳥取一中時代にキリスト教入信,山口高校時代にマルクス主義に触れ,学生運動に携わった。小田切秀雄平野謙らと1946年雑誌《近代文学》を創刊し,戦後評論壇の旗手として華々しく活躍,中野重治政治と文学論争加藤周一主体性論争などを行った。
→関連項目近代文学佐々木基一埴谷雄高

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒正人 あら-まさひと

1913-1979 昭和時代の文芸評論家。
大正2年1月1日生まれ。旧制山口高時代に学生運動に参加。戦後本多秋五(しゅうご)らと「近代文学」を創刊。「政治と文学」論で中野重治と,主体性論で加藤周一と論争する。夏目漱石の研究で知られる。法大教授。昭和54年6月9日死去。66歳。福島県出身。東京帝大卒。別名は赤木俊。著作に「負け犬」「第二の青春」「夏目漱石」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あらまさひと【荒正人】

1913‐79(大正2‐昭和54)
評論家。福島県生れ。幼時から各地を転々し鳥取一中時代に組合教会の洗礼を受ける。しだいに社会主義思想に傾き山口高校時代,学生運動に加わる。東京帝大英文科卒業。マルクス主義運動の敗退と転向を目撃し,戦中の“暗い谷間”を耐えた体験を基礎に,戦後本多秋五らと《近代文学》を創刊,先端に位置して活動した。〈第二の青春〉〈民衆とはたれか〉〈終末の日〉など高揚した評論に,エゴイズムを拡充した高次のヒューマニズムを唱え,世代論,主体性論,戦争責任論,中野重治らと論争した“政治と文学”論争など,戦後の文学思想問題の基本テーマを先駆的に展開した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あらまさひと【荒正人】

1913~1979) 評論家。福島県生まれ。東大卒。雑誌「近代文学」で、政治と文学、主体性論などで論争、近代的市民文学の確立をはかる。著「第二の青春」「漱石研究年表」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒正人
あらまさひと
(1913―1979)

評論家。福島県鹿島(かしま)町(現、南相馬(みなみそうま)市)に生まれる。東京帝国大学英文科卒業後、中学教師をしながら、埴谷雄高(はにやゆたか)の『構想』、大井広介の『現代文学』同人となり、評論、翻訳を発表。第二次世界大戦後『近代文学』創刊に参画、戦後期を自ら「エゴイズムを拡充した高次のヒューマニズム」を志向すべき「第二の青春」を主張して、その中心的存在となった。「政治と文学」論で中野重治(しげはる)と、主体性論で加藤周一と論争したほか、世代論、知識人論などでも積極的に問題提起し、戦闘的な評論活動を続けた。おもな著書に『第二の青春』(1947)、『負け犬』(1947)、『市民文学論』(1955)のほか、『夏目漱石(そうせき)全集』本文校訂やその研究書などがある。[小野寺凡]
『『荒正人著作集』全5巻(1983~1984・三一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒正人の関連キーワード中村渓男松下英麿青野季吉山崎楽堂転転評論家生れ乍ら福島県福島市岡島福島県福島市森合胡愈之

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荒正人の関連情報