コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津日新斎 しまづにっしんさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島津日新斎
しまづにっしんさい

[生]明応1(1492).9.23. 伊作
[没]永禄11(1568).12.13. 鹿児島
薩摩藩主島津氏支族。本名忠良 (ただなが) 。日新斎は号。藩主島津貴久 (たかひさ) の父。室町時代の動乱期にあって島津氏中興に尽くし,儒神仏三教を融合した新しい教え (日学) を説いたほか,いろは歌 47首をつくり士風教化をはかった。また士風の振起と修養のために盲僧淵脇寿長院とともに『武蔵野』『迷悟擬』『花の香』などの薩摩琵琶の琵琶歌をつくり広めたほか,天吹 (てんぷく) という尺八に似た竹製の縦笛を広めたり,士踊を興したともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

島津日新斎の関連キーワード南さつま市加世田

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android