コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津日新斎 しまづにっしんさい

1件 の用語解説(島津日新斎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島津日新斎
しまづにっしんさい

[生]明応1(1492).9.23. 伊作
[没]永禄11(1568).12.13. 鹿児島
薩摩藩主島津氏の支族。本名忠良 (ただなが) 。日新斎は号。藩主島津貴久 (たかひさ) の父。室町時代の動乱期にあって島津氏中興に尽くし,儒神仏三教を融合した新しい教え (日学) を説いたほか,いろは歌 47首をつくり士風教化をはかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島津日新斎の関連キーワード綾小路資能明応明応大地震明応東海地震尼子国久兼元(2代)持明院基規祐定(1)千葉興常

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone