コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津綱貴 しまづ つなたか

美術人名辞典の解説

島津綱貴

江戸中期の武将。島津氏二十代。綱久の長子初名延久幼名は虎寿丸、次に又三郎と称する。意を財政経済に注ぎ、殖産興業を奨めた。宝永元年(1704)歿、55才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津綱貴 しまづ-つなたか

1650-1704 江戸時代前期の大名。
慶安3年10月24日生まれ。島津綱久の長男。祖父光久(みつひさ)の後をつぎ,貞享(じょうきょう)4年(1687)薩摩(さつま)鹿児島藩主島津家3代となる。鹿児島の大火,江戸藩邸焼失,幕命による寛永寺造営などで藩財政が困窮。櫨(はぜのき)の栽培,干拓事業などで再建をはかった。宝永元年9月19日死去。55歳。初名は延久。通称は又三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

島津綱貴 (しまづつなたか)

生年月日:1650年10月24日
江戸時代中期の大名
1704年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

島津綱貴の関連キーワード島津惟久妻島津吉貴生年月日薩摩暦

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android