コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島霞谷 しま かこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島霞谷 しま-かこく

1827-1870 幕末-明治時代の画家,写真家。
文政10年生まれ。椿椿山(ちんざん)に絵をならう。安政3年蕃書調所(しらべしょ)にはいり,翻訳に従事。このころ外国人から写真術を修得し,江戸下谷で写真館を開業。明治2年大学東校に就職し,独自の鋳造活字を開発した。この間,西洋画の模写や写真をもとにした油絵を多数のこす。妻隆(りゅう)は日本最初の女性写真家となった。明治3年死去。44歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。名は玉之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島霞谷の関連キーワード金丸源三明治時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android