コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島霞谷 しま かこく

1件 の用語解説(島霞谷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島霞谷 しま-かこく

1827-1870 幕末-明治時代の画家,写真家。
文政10年生まれ。椿椿山(ちんざん)に絵をならう。安政3年蕃書調所(しらべしょ)にはいり,翻訳に従事。このころ外国人から写真術を修得し,江戸下谷で写真館を開業。明治2年大学東校に就職し,独自の鋳造活字を開発した。この間,西洋画の模写や写真をもとにした油絵を多数のこす。妻隆(りゅう)は日本最初の女性写真家となった。明治3年死去。44歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。名は玉之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

島霞谷の関連キーワード倉野煌園小林玉潤杉谷雪樵遠坂文岱服部波山肥後新造村越向栄山下蕉雨山内林斎和田菁華

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone