コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島霞谷 しま かこく

1件 の用語解説(島霞谷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島霞谷 しま-かこく

1827-1870 幕末-明治時代の画家,写真家。
文政10年生まれ。椿椿山(ちんざん)に絵をならう。安政3年蕃書調所(しらべしょ)にはいり,翻訳に従事。このころ外国人から写真術を修得し,江戸下谷で写真館を開業。明治2年大学東校に就職し,独自の鋳造活字を開発した。この間,西洋画の模写や写真をもとにした油絵を多数のこす。妻隆(りゅう)は日本最初の女性写真家となった。明治3年死去。44歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。名は玉之助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

島霞谷の関連キーワード製糸業日本科学史カニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング楠本イネ中浜万次郎杵屋正次郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone