コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崎陽群談 きようぐんだん

1件 の用語解説(崎陽群談の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きようぐんだん【崎陽群談】

江戸中期の長崎地誌。1716年(享保1)長崎奉行大岡備前守清相の編。12巻。長崎開港後,とくに江戸開幕以来正徳新例公布までの貿易の変遷,当時の貿易利銀の配分や諸公租など,長崎の行財政について政策論的に記述するのが特徴。ほかに長崎貿易に関連づけた世界地誌,長崎から西国各城下および大坂・江戸までの宿場・寄港地・里程,外国船の入港から出帆までの手続などを記載し,貴重史料。刊本は2種。【中村 質】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

崎陽群談の関連キーワード享保徳川吉宗享保の改革ケンペル享保改革蕪村徳川家継天降言大薩摩節新田開発

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone