コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崎陽群談 きようぐんだん

1件 の用語解説(崎陽群談の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きようぐんだん【崎陽群談】

江戸中期の長崎地誌。1716年(享保1)長崎奉行大岡備前守清相の編。12巻。長崎開港後,とくに江戸開幕以来正徳新例公布までの貿易の変遷,当時の貿易利銀の配分や諸公租など,長崎の行財政について政策論的に記述するのが特徴。ほかに長崎貿易に関連づけた世界地誌,長崎から西国各城下および大坂・江戸までの宿場・寄港地・里程,外国船の入港から出帆までの手続などを記載し,貴重史料。刊本は2種。【中村 質】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

崎陽群談の関連キーワード入江相尚進藤長房凸巌養益公辨法親王蝦夷志享保関祖衡宗義如田辺茂啓松平浅五郎