コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崔時亨 さいじこうCh'oe Sihyǒng

2件 の用語解説(崔時亨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崔時亨
さいじこう
Ch'oe Sihyǒng

[生]純祖27(1827)
[没]光武2(1898).ソウル
朝鮮,東学の第2代教主。号は梅月堂。慶尚北道慶州市の人。貧民の出身で,幼くして父母を失い,一時製紙所で働いていたといわれる。哲宗 12 (1861) 年に東学に入門,同 14年に初代教主崔済愚 (さいせいぐ) の後任として第2代教主に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいじこう【崔時亨 Ch‘oe Si‐hyŏng】

1829‐98
朝鮮,李朝末期の宗教家。号は海月。慶尚北道慶州の貧農出身。1864年に教祖崔済愚(さいせいぐ)が刑死したあと,東学の第2代教主となる。厳しい弾圧のもと,《東経大全》など東学経典を復刊して教義の体系化を図るとともに,南部朝鮮一帯への布教に力を注ぎ,教団組織を整備,拡大した。92年から翌年にかけて東学の合法化をめざす教祖伸冤運動を展開。94年の甲午農民戦争では,東学本来の非暴力的な教化主義の立場から武力蜂起に消極的で,全琫準らの主戦論と対立したが,のちに農民軍への合流を教徒に指示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の崔時亨の言及

【東学】より

…天との結合の可能性において万人が平等だとする教理が封建的な身分秩序と相いれないのはもちろん,〈後天開闢〉の思想は,李氏王朝の終末を予言する《鄭鑑録》の運命観とも結びついて,李朝支配そのものへの批判を内包していた。 政府は1864年,崔済愚を処刑して厳しい弾圧を加えたが,第2代教主となった崔時亨(さいじこう)は教祖の思想を表現した《東経大全》や《竜潭遺詞》を復元・刊行し,教義の体系化を図るとともに,南部朝鮮一帯への布教に力を注いだ。各地域の教徒集団を〈包〉と呼んで接主がこれを統率し,その上に都接主,中央に道主を置くという教団組織が確立するのもこの時期である。…

※「崔時亨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

崔時亨の関連キーワードカニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング伊藤解析河井継之助(かわい・つぎのすけ)県の周産期救急医療システム小栗上野介忠順(ただまさ)薬の調剤ミス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone