コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崔賢 さいけんCh‘oe Hyŏn

世界大百科事典 第2版の解説

さいけん【崔賢 Ch‘oe Hyŏn】

1907‐82
朝鮮民主主義人民共和国の軍人,政治家。旧満州琿春県で独立軍軍人の子として生まれ,1932年以降一貫して間島地方で抗日パルチザン闘争に参加。40年に主力がソ連領に移動した後も,踏みとどまって小部隊活動を続けながら解放を迎えた。現役軍人の最長老として68年以降民族保衛相,72‐76年政務院人民武力部長,77年以後国防委員会副委員長の地位にあった。素朴な筆致の自伝《白頭の山なみを越えて》がある。【梶村 秀樹】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

崔賢
さいけん / チェヒョン
(1907―1982)

北朝鮮の軍事指導者。中国吉林(きつりん/チーリン)省(間島(かんとう/チエンタオ)地方)琿春(こんしゅん/フンチュン)県生まれ。本名得権。1920年ごろからソ連沿海州(現沿海地方)で抗日武装闘争を開始。1925~1932年投獄されたのち、延吉(えんきつ/イエンチー)県赤衛隊に入って崔賢を名のる。抗日武装闘争の勇将として各地に転戦し大きな功績をあげた。とくに1937年の茂山(もさん/ムサン)地区進出作戦は、当時最大の成果を収めた。
 1945年の祖国解放後、帰国して朝鮮人民軍の中枢幹部、朝鮮労働党の最高幹部となる。1950~1954年の朝鮮戦争当時は第二軍団長。1968年民族保衛相、1972年人民武力部長に就任。しかし、金日成(きんにっせい/キムイルソン)より武勲は高いが、字が読めず、政治能力がないというところから、金日成派から疎外され、1976年人民武力部長解任。そのころから、金正日世襲後継者化に対する抵抗のシンボルとなって、多くの迫害を被ったものとみられる。1982年4月9日死去、国葬にされたが、死の直前、金正日、呉振宇(ごしんう/オジヌ)を糾弾する意見書を配布したといわれる。[玉城 素]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

崔賢の関連キーワード6月8日金日成

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android