金正日(読み)きむじょんいる

日本大百科全書(ニッポニカ)「金正日」の解説

金正日
きむじょんいる
(1942―2011)

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の二代目の最高指導者。2月16日、父・金日成(キムイルソン)、母・金正淑(キムジョンスク)(1917―1949)の長男でロシア・ハバロフスク近郊生まれ。1941年生まれという説もある。北朝鮮の正史では、中朝国境の聖地・白頭山(ペクトサン)にあった抗日パルチザン密営で生まれたとされ、正統性が強化されている。金日成、金正淑とともに「三大将軍」の一人とされる。

 1964年金日成総合大学卒業、卒業論文は「社会主義建設における郡の位置と役割」。1965年金日成のインドネシア訪問に同行。朝鮮労働党組織指導部、宣伝扇動部で経験を積み、芸術分野にも力を注いだ。1974年2月党中央委員会第5期第8回総会で「主体(チュチェ)偉業の偉大な継承者」に推戴(すいたい)され、党中央委員会政治委員(現在の政治局委員)に就任した。1980年10月第6回党大会で初めて公式の場に姿を現し、党中央委員会政治局常務委員、書記、中央軍事委員となった。1983年6月訪中。1991年12月党中央委員会第6期第19回総会で朝鮮人民軍最高司令官に就任した。1992年4月共和国元帥。1993年4月最高人民会議第9期第5回会議で国防委員会委員長となる。

 20年間の後継準備期間を経て、1994年7月に金日成が死去したが、それからすぐに党や国家の最高ポストに就任することはなく、「3年の喪」ののち1997年10月党総書記に推戴された。1998年9月実質的な「国家の最高職責」に格上げされた国防委員長に再推戴され、旧ソ連・東欧社会主義体制崩壊に伴い国内経済が疲弊した「苦難の行軍」を克服すべく、軍事優先の「先軍政治」と同時に経済建設を進める「強盛大国」ビジョンを掲げる。複数回にわたる鉄道移動による中国、ロシア訪問のほか、平壌(ピョンヤン)において2000年6月、2007年10月に南北首脳会談、2002年9月、2004年5月に日朝首脳会談を実現した。2002年9月の日朝首脳会談では、首相小泉純一郎に対して日本人拉致の事実を認めて謝罪している。

 2008年夏に健康悪化説が出てから後継者問題が表面化する。2009年4月再推戴された国防委員長職が改正憲法で正式な「最高領導者」となった。2010年9月の第3回党代表者会で総書記に再推戴されるのと機を同じくして、三男といわれる金正恩(キムジョンウン)を大将・党中央軍事委員会副委員長として公式化。2011年12月17日「心筋梗塞(こうそく)」により死去したことが翌々日に発表された。2012年2月に共和国大元帥称号が授与され、4月には「永遠の総書記」「永遠の国防委員長」となり、改正憲法の序文でその業績がたたえられた。

 金日成死去までの呼称は「親愛なる指導者同志」、その後は「偉大な将軍様」が一般的である。誕生日は「光明星節」とされ、金日成誕生日と同様に「民族最大の名節」に位置づけられている。成恵琳(ソンヘリム)(1937―2002)との間に長男・金正男(キムジョンナム)、高勇姫(コヨンヒ)との間に次男・金正哲(キムジョンチョル)、三男・金正恩、長女・金与正(キムヨジョン)が、実妹に金慶喜(敬姫)(キムギョンヒ)(1946― )がいる。

[礒﨑敦仁 2020年2月17日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「金正日」の解説

金正日【きんせいにち】

朝鮮民主主義人民共和国政治家金日成の前妻金貞淑との間に生まれ,1958年南山高級中学卒。東ドイツの航空軍官学校に短期留学。1964年金日成総合大学政治経済系卒。1970年党文化芸術部長,1973年党書記。1980年の労働党第6回大会で党政治局常務委員となり,金日成の後継者に指名され,1991年軍最高司令官,1992年元帥,1993年国防委員長と軍の要職を兼ねる。1994年7月金日成の没後,後継体制がつくられ,1997年党総書記に就任。1998年9月の最高人民会議で国防委員長に再任,これが〈国家の最高ポスト〉と言明され,主席制度は廃止された。2000年6月に韓国の金大中大統領と歴史的な南北首脳会談を実現させた。2002年9月には日本の小泉純一郎首相と日朝国交回復をめざす〈日朝平壌宣言〉に調印,あわせて〈日本人拉致〉問題を認めて謝罪した。アメリカのブッシュ政権により〈悪の枢軸〉国とされ,核開発などをめぐり瀬戸際外交を展開,2003年8月から,米国,韓国,中国,日本,ロシアとの6ヵ国協議に応じたが,2004年6月の第3回協議で中断,2005年7月再開。その後も2006年7月ミサイル発射,同年11月核実験,さらに2009年4月ミサイル発射,同年5月核実験と瀬戸際外交を続けている。その背景には,自らの体調悪化に伴い後継体制づくりが急がれていることと,米国による体制保証を求める意図があったとされる。11年12月心筋梗塞で死去。後継者は三男の金正恩。〈共和国〉とは名ばかりの3代にわたる世襲独裁体制となった。
→関連項目大韓民国張成沢

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「金正日」の解説

キム‐ジョンイル【金正日】

[1942~2011]朝鮮民主主義人民共和国の政治家。金日成キムイルソンの長男。1997年、朝鮮労働党総書記に就任。

きん‐しょうにち〔‐シヤウニチ〕【金正日】

キム=ジョンイル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「金正日」の解説

金正日
きんせいにち

キム・ジョンイル(金正日)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の金正日の言及

【金日成】より

…60年代中ソ論争以後は自力更生の旗印を鮮明にし,70年代にはチュチェ(主体)思想を唱道している。80年の労働党6回大会では,彼の前妻の子である金正日(1942‐ )が公式に党中央委政治局筆頭常務委員に選任され,91年人民軍最高司令官,93年国防委員会委員長に就任,〈代をついだ革命〉の方向といわれている。金日成没後3年をへて97年10月,朝鮮労働党総書記に就任した。…

【朝鮮民主主義人民共和国】より

…1930年代中国東北で展開された抗日武装闘争の革命伝統を受けつぎ,朝鮮労働党をひきいる金日成を建国以来の指導者として,自主独立の姿勢で一貫してきた。94年の金日成没後,金正日を中心とする後継者体制を築きつつある。〈北朝鮮〉と略称されることが多い。…

※「金正日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android