コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崖石榴 イタビカズラ

デジタル大辞泉の解説

いたび‐かずら〔‐かづら〕【崖榴】

クワ科の蔓(つる)性の常緑低木。暖地にみられ、岩などをよじ登る。葉は長円形で先がとがり、厚く、裏面に網目状の細脈がある。雌雄異株。花はイチジクに似て、実は紫黒色に熟す。日本・中国本土・台湾に分布。つるいちじく。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

崖石榴 (イタビカズラ)

学名:Ficus nipponica
植物。クワ科の常緑つる性低木

崖石榴 (イタビカズラ)

植物。クワ科の常緑低木,薬用植物。オオイタビの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

崖石榴の関連キーワード伊陀寐以多比伊太比木蓮子

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android