嵐璃光(初代)(読み)あらし りこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐璃光(初代) あらし-りこう

1784-1839 江戸時代後期の歌舞伎役者。
天明4年生まれ。初代瀬川菊三郎の孫。3代瀬川菊之丞の養子となるが不縁となり,2代嵐吉三郎に入門。仲居,奥方,老女などの女方を得意とした。天保(てんぽう)10年9月26日死去。56歳。初名は瀬川菊三郎(2代)。前名は瀬川路三郎,滝中歌川,中村里好(2代)。俳名は玉川,来三。屋号は浜村屋,富田屋,伏見屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android