コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐吉三郎(初代) あらし きちさぶろう

2件 の用語解説(嵐吉三郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐吉三郎(初代) あらし-きちさぶろう

1737-1781* 江戸時代中期の歌舞伎役者。
元文2年生まれ。宝暦7年嵐勘三郎に入門,嵐吉三郎と改名。「薄雪」の奴(やっこ)妻平などの奴や力士役,男達(おとこだて)を得意とした。安永9年12月8日死去。44歳。初名は竹田吉三郎。俳名は里環。屋号は岡島屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

嵐吉三郎(初代)

没年:安永9.12.8(1781.1.2)
生年:元文2(1737)
江戸中期,上方の歌舞伎役者,座本。屋号岡島屋。俳名里環。2代目嵐勘四郎の門弟。宝暦1(1751)年には竹田吉三郎の名で大坂出羽芝居への出勤が確かめられる。浜芝居の大立者となったのち,8年に嵐吉三郎と改め,大芝居大坂桐の谷秀松座に登場。立役を勤め,上上吉に上る前に没した。大柄で器量よく愛敬があり,和らかみのある芸風で和事,実事,武道事,ちゃり事(滑稽みのある演技)ほか何でも器用にこなしたが,しかし鈍重であった。男伊達や相撲取りの役を本領とし,当たり役は「淀屋橋喧嘩」の早川,「双蝶々曲輪日記」の濡髪長五郎など。<参考文献>『歌舞伎評判記集成』2期

(上野典子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嵐吉三郎(初代)の関連キーワード上方歌舞伎歌舞伎子歌舞伎役者古今節小詰小佐川常世(2代)関三十郎(初代)仙国彦助(2代)段助藤川山吾

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone