嵯峨根良吉(読み)さがね りょうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵯峨根良吉 さがね-りょうきち

1837-1868 幕末の蘭学者。
天保(てんぽう)8年3月生まれ。大坂緒方洪庵の適々斎塾でまなび,のち江戸で江川太郎左衛門門弟砲術をおしえた。幕府の軍艦で鹿児島をおとずれ,その縁で慶応2年鹿児島藩にまねかれ,翌年藩政について建言,藩士にくわえられた。慶応4年6月27日死去。32歳。丹後(京都府)出身。名は重矩。通称は良起。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android