冷泉院(読み)れいぜいいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冷泉院
れいぜいいん

古くは冷然院といった。平安時代,京都の大炊御門の南,堀河の西にあった後院。弘仁年間 (810~824) 嵯峨天皇が創設。その後,平安時代を通じて天皇の後院,里内裏 (さとだいり) となった。貞観 17 (875) ,天暦3 (949) 年の2度炎上。天徳4 (960) 年改造されて,「冷然」が「冷泉」と改められた。後冷泉天皇が里内裏としてのちのことは不明。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れいぜいいん【冷泉院】

平安時代の後院の一つ。南北を二条大路と大炊御門大路,東西を大宮大路と堀川小路で囲まれた4町の邸宅。《大鏡》には〈方四丁にて四面に大路ある京中の家は,冷泉院のみ〉とまであるように広大さを誇ったもので,宮城南東部と大路をはさんで東接しており,またこの院の北東には同じく4町の広さをもつ高陽(かや)院があった。平安遷都の直後に桓武天皇が行幸した近東院は冷泉院の場所と認められ,宮城に近いという点からもこのあたりは離宮の地であったらしい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れいぜいいん【冷泉院】

平安時代、京都堀川西にあった建物。弘仁年間(810~824)に嵯峨天皇が造営。その後代々の天皇・上皇が後院・里内裏さとだいりとした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冷泉院
れいぜいいん

嵯峨(さが)天皇が弘仁(こうにん)年間(810~824)に後院(ごいん)(天皇が譲位後の居所に予定した御所)として造営した当時の代表的な邸宅。初めは冷然院と書いた。平安京の大炊御門(おおいのみかど)南堀川西(京都市中京(なかぎょう)区)に2町四方の地を占め、寝殿などのほか池の東西に釣台(つりだい)があった。天皇の渡領(わたりりょう)(世襲財産)とされ、院の維持のために所領が付された。仁明(にんみょう)、文徳(もんとく)、陽成(ようぜい)、冷泉(れいぜい)、後冷泉などの天皇が後院、里内裏(さとだいり)とし、文徳天皇はここで没している。875年(貞観17)、949年(天暦3)と焼失したため、再興の際、「然」が「燃」に通じるとして、「泉」に改めた。その後も970年(天禄1)に火災にあい再興されたが、1055年(天喜3)に一条院造営のために建物が移されたために衰亡、敷地には小住宅などが建てられていった。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

れいぜい‐いん ‥ヰン【冷泉院】

[一] 嵯峨天皇が弘仁年間(八一〇‐八二四)、後院(ごいん)として平安京の堀川西、大炊御門南に造営した建物。歴代天皇の渡領(世襲財産)であった。初名冷然院。
[二] 「源氏物語」の登場人物。桐壺帝の第十皇子で母は藤壺の中宮。実は藤壺と光源氏の間に生まれた罪の子。朱雀帝の即位で東宮となり、一一歳で即位。夜居の僧の物語で出生の秘密を知る。光源氏を準太上天皇にし、若菜下巻で病のため退位。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の冷泉院の言及

【後院】より

…冷然院は文徳朝にも後院に充てられ,854年(斉衡1)にはこれに移り,内裏に帰ることなく同院で没した。また朱雀(すざく)院は嵯峨太皇太后の後院に充てられた後,天皇の後院となり,《西宮記》には冷泉(れいぜい)院(もと冷然院),朱雀院を〈累代の後院〉と称している。平安中期以降も,960年(天徳4)村上天皇が内裏焼亡のため冷泉院に移ったのをはじめ,同院はしばしば皇居に充てられ,〈天皇暫らく本宮を避けて他に遷御せんと欲する〉とき,その御在所に充てられるという(《新儀式》),後院本来の機能を保ったが,一方では譲位の盛行に伴い,しだいに譲位後の御所に充てられる例が多くなった。…

【里内裏】より

…今内裏,里亭皇居,里内(さとだい)などの称もあるが,とくに大内(だいだい)と併称して里内の称が多く用いられた。 960年(天徳4)平安内裏がはじめて焼亡すると,村上天皇は累代の後院(ごいん)(離宮の一種)である冷泉(れいぜい)院に移ったが,976年(貞元1)ふたたび内裏が焼失し,円融天皇は太政大臣藤原兼通の堀河第に移って約1年間これを皇居とした。当時冷泉院が冷泉上皇の御所となっていたためであろう。…

【図書館】より

…中国における紙の発明は通説によれば2世紀初頭とされるが,その製法は日本にも7世紀初めまでには伝わっていたと考えられ,同時に漢籍や仏典も請来された。875年(貞観17),宮廷の文庫冷泉院の焼失を機に反省がおこり,中国から渡来した本を確認するため宇多天皇の命で藤原佐世(すけよ)撰述による《日本国見在書目録(にほんこくげんざいしよもくろく)》がつくられる。さらに日中文化の接触にはまず漢字書(辞書)が必要だとされ昌住による《新撰字鏡》が成立する。…

※「冷泉院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android