コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檀林寺 ダンリンジ

大辞林 第三版の解説

だんりんじ【檀林寺】

現在の、京都市右京区嵯峨にあった寺。京都尼五山あまごさんの一。承和年間(834~848)檀林皇后の発願により、唐僧義空を請じて創建。廃絶後、跡地に天竜寺が建てられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

檀林寺
だんりんじ

平安時代、嵯峨(さが)天皇の皇后橘嘉智子(たちばなのかちこ)(檀林皇后。786―850)によって、現在の京都天竜寺(京都市右京区嵯峨)の地に創建された寺で、現在は廃絶。皇后は内舎人(うどねり)橘清友の娘、仁明(にんみょう)天皇の母で、夫の死後皇太后として重きをなした。仏法に帰依(きえ)して慧萼(えがく)を入唐(にっとう)せしめ、慧萼は禅宗の義空(ぎくう)を伴って帰国。皇太后は嵯峨に檀林寺を建立、義空を開山とし、義空によって禅観を修し、850年(嘉祥3)仁明天皇の病の回復を祈って尼になった。檀林寺は日本の禅林の最初とされる。928年(延長6)火災のために廃絶したが、のちに復興され、室町時代には京都尼寺五山の一とされた。しかしふたたび廃絶し、その地に1339年(延元4・暦応2)天竜寺が建てられた。[田村晃祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

檀林寺の関連キーワード天竜寺(京都市)十三湊遺跡二十五大寺京都尼五山天龍寺庭園義空(1)石庵旨明小倉山嵐山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android