コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檀林寺 ダンリンジ

3件 の用語解説(檀林寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だんりん‐じ【檀林寺】

京都市右京区嵯峨にあった寺。承和年間(834~848)檀林皇后により創建、開山は唐僧義空。室町時代、京都尼寺五山の一となったが、廃絶。その地に足利尊氏天竜寺を建てた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

檀林寺
だんりんじ

平安時代、嵯峨(さが)天皇の皇后橘嘉智子(たちばなのかちこ)(檀林皇后。786―850)によって、現在の京都天竜寺(京都市右京区嵯峨)の地に創建された寺で、現在は廃絶。皇后は内舎人(うどねり)橘清友の娘、仁明(にんみょう)天皇の母で、夫の死後皇太后として重きをなした。仏法に帰依(きえ)して慧萼(えがく)を入唐(にっとう)せしめ、慧萼は禅宗の義空(ぎくう)を伴って帰国。皇太后は嵯峨に檀林寺を建立、義空を開山とし、義空によって禅観を修し、850年(嘉祥3)仁明天皇の病の回復を祈って尼になった。檀林寺は日本の禅林の最初とされる。928年(延長6)火災のために廃絶したが、のちに復興され、室町時代には京都尼寺五山の一とされた。しかしふたたび廃絶し、その地に1339年(延元4・暦応2)天竜寺が建てられた。[田村晃祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

檀林寺の関連情報