コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嶋清一 シマセイイチ

2件 の用語解説(嶋清一の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しま‐せいいち【嶋清一】

[1920~1945]野球選手。和歌山の生まれ。和歌山県立海草中学校(現和歌山県立向陽高等学校)野球部で投手として活躍。昭和14年(1939)第25回全国中等学校優勝野球大会(現全国高等学校野球選手権大会)で全5試合を完封勝利。準決勝、決勝では2試合連続ノーヒットノーランを達成。明治大学に進学するも、学徒動員により、昭和20年(1945)インドシナ半島沖の海戦で戦死。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嶋清一 しま-せいいち

1920-1945 昭和時代前期の野球選手。
大正9年生まれ。和歌山県立海草中学(現向陽高)にはいり,投手として春夏連続5回甲子園に出場。昭和14年夏の大会では全試合無失点,準決勝と決勝でノーヒットノーランを達成し優勝。明大に進学するが学徒出陣で出征,昭和20年3月29日戦死。26歳。平成20年特別表彰で野球殿堂入り。和歌山県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

嶋清一の関連キーワード和歌山県立医科大学井口新次郎小川正太郎球人全国高校野球選手権大会西本幸雄和歌山タカシマヤ野球の関西独立リーグ日米大学野球選手権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嶋清一の関連情報