コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嶋清一 シマセイイチ

デジタル大辞泉の解説

しま‐せいいち【嶋清一】

[1920~1945]野球選手。和歌山の生まれ。和歌山県立海草中学校(現和歌山県立向陽高等学校)野球部で投手として活躍。昭和14年(1939)第25回全国中等学校優勝野球大会(現全国高等学校野球選手権大会)で全5試合を完封勝利。準決勝、決勝では2試合連続ノーヒットノーランを達成。明治大学に進学するも、学徒動員により、昭和20年(1945)インドシナ半島沖の海戦戦死

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嶋清一 しま-せいいち

1920-1945 昭和時代前期の野球選手。
大正9年生まれ。和歌山県立海草中学(現向陽高)にはいり,投手として春夏連続5回甲子園に出場。昭和14年夏の大会では全試合無失点,準決勝と決勝でノーヒットノーランを達成し優勝。明大に進学するが学徒出陣出征,昭和20年3月29日戦死。26歳。平成20年特別表彰で野球殿堂入り。和歌山県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

嶋清一の関連キーワード大恐慌原子爆弾投下牧野省三対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)ホロウェイコンプトンアメリカ演劇現代音楽フォード(John Ford(1895―1973))

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嶋清一の関連情報