コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学徒出陣 ガクトシュツジン

6件 の用語解説(学徒出陣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がくと‐しゅつじん〔‐シユツヂン〕【学徒出陣】

第二次大戦末期の昭和18年(1943)以降、兵力不足を補うため、それまで26歳までの大学生に認められていた徴兵猶予を文科系学生については停止して、20歳以上の学生を入隊・出征させたこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

学徒出陣

戦局の悪化に伴い、政府は1943(昭和18)年10月、大学や専門学校などに通う学生・生徒の徴兵猶予を取り消した。同月21日に明治神宮外苑競技場(現在の国立競技場跡地)で開かれた壮行会では、数万人が銃をかついで行進。兵役についた学徒の総数は13万人とも言われるが、戦死者も含め正確な数は不明のままだ。

(2015-10-19 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

学徒出陣【がくとしゅつじん】

太平洋戦争における学生・生徒の入隊・出征。1943年9月東条内閣は理科系・教員養成系以外の大学・高専在学生の徴兵猶予を停止し(10月公布),10月21日には明治神宮外苑競技場で出陣学徒壮行会が行われ,12月1日第1回学徒兵が入営。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

がくとしゅつじん【学徒出陣】

太平洋戦争時に大学・高専在学生の徴兵適齢(20歳)以上の者のうち,理科系,教員養成系以外の者の徴兵延期制度を撤廃して入隊させた措置。すでに太平洋戦争開始とともに兵員の不足は深刻化し,しだいに兵力の根こそぎ動員の様相を呈していた。従来,大学,高専の学生・生徒には徴兵猶予の特典があったが,1941年10月,大学,専門学校などの修学年限を3ヵ月短縮し,同年の卒業生を対象に12月臨時徴兵検査を実施し,繰上げ卒業により合格者を42年2月入隊させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

がくとしゅつじん【学徒出陣】

第二次大戦中1943年(昭和18)12月から文科系学生の徴兵猶予が停止され、在籍のまま陸海軍に入隊し、戦争に参加したこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学徒出陣
がくとしゅつじん

太平洋戦争下で行われた徴兵猶予措置の停止に伴う学生・生徒の出陣。1931年(昭和6)の満州事変以来10年余の戦争はおびただしく兵を消耗し、とくに下級指揮官の不足は深刻な問題となり、そのため、すでに軍事教練の課せられていた学生たちに軍の目が向けられた。それまで、勅令に定められた学校(文部省認可の学校)に在学中の者は満26歳まで「徴兵ヲ延期」することができた。これに対し軍は、41年10月以降、修業年限短縮による繰り上げ卒業をもって対応してきたが、43年9月、東条英機(とうじょうひでき)内閣は「国内態勢強化方策」を決め、10月2日、学生の徴兵猶予を全面的に取り消す勅令「在学徴集延期臨時特例」を公布し、さらに同月12日の閣議で、文科系大学、専門学校は移転・統合により整理すること、また理工医系・教員養成学校以外の大学、初等専門学校の満20歳に達した学生・生徒の徴兵を決定した。同年12月1日、第1回の学徒兵の入営(陸軍)、同月10日入団(海軍)が行われた。これに先だつ10月21日、東京・明治神宮外苑(がいえん)陸上競技場で、秋雨降るなか出陣学徒の壮行会が行われた。東条首相は「諸君が悠久の大義に生きる唯一の道」と訓示、学徒代表は、「挺身以(もっ)て頑敵を撃滅せん、生等(せいら)もとより生還を期せず」と誓った。かくして徴兵猶予の特権を奪われ学業なかばで出陣した学徒兵の数は二十数万人と推定される。学徒兵は陸海軍部隊に配属され、短期の訓練を受けて、中国大陸や南方戦線、南太平洋などの前線に送られ、多くの戦死者を出した。彼らの多くは学問研究への情熱と国家的要請との板挟みにあって悩み、また戦争への疑問や日本の国家の将来への不安などを抱きながら、大陸の山野に、南海の果てに若い生命を絶った。なかでも第1回の出陣学徒の大部分は1921年(大正10)から23年ころの生まれで、もっとも多くの戦死者を出した。敗戦後の47年(昭和22)東京大学戦没学生の手記『はるかなる山河に』、49年には、全国の大学の戦没学生の手記『きけわだつみのこえ』が出版され、50年4月、こうした戦争による惨禍と悲劇を繰り返さないため、次の世代に戦争体験を伝える日本戦没学生記念会(通称「わだつみ会」)が結成され、不戦と平和の活動を続けている。[吉村徳蔵]
『文部省編・刊『学制八十年史』(1954) ▽安田武著『学徒出陣』新版(1977・三省堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学徒出陣の関連キーワード太平洋戦争アジア太平洋戦争きけわだつみのこえ終戦徴兵検査徴兵適齢予備学生太平洋戦争とキスカ島アジア・太平洋戦争徴兵適齢者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

学徒出陣の関連情報