コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嶺南秀恕 れいなん しゅうじょ

1件 の用語解説(嶺南秀恕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嶺南秀恕 れいなん-しゅうじょ

1675-1752 江戸時代前期-中期の僧。
延宝3年生まれ。曹洞(そうとう)宗。如実秀本(にょじつ-しゅうほん)に師事し,その法をつぐ。徳翁良高らにまなび,総持寺にのぼったのち江戸青松寺の住持となる。宝暦2年11月23日死去。78歳。武蔵(むさし)荏原(えばら)(東京都)出身。俗姓は吉岡。著作に「日本洞上聯灯録」「万年志」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の嶺南秀恕の言及

【日本洞上聯灯録】より

…全12巻。著者は江戸青山の青松寺第20世嶺南秀恕(れいなんしゆうじよ)で,30余年間におよぶ資料収集を行ったうえ,1727年(享保12)道元以下743人の僧伝執筆を完了,その出版は15年後の42年(寛保2)であった。嶺南は《日域洞上諸祖伝》(1693)など,それ以前の僧伝の誤りや不足部分を検討し補訂することに努力し,各巻末に〈考証〉を付した。…

※「嶺南秀恕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

嶺南秀恕の関連キーワード談林十百韻光の科学史海北若冲度会常彰談義本ナッシュ滑稽本企業年金高遊外売茶翁米ロ核軍縮交渉

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone